ADDRESS


EMAIL

PHONE

日本の研究者は、癌性iPS細胞を防止するための方法を発見しました

タグ:

データ図:

日本の慶應義塾大学が最近コミュニケを発表したiPS細胞は、学校の研究者が人工多能性幹細胞(iPS細胞)メソッドを防止する方法は、癌における再生医療のアプリケーションで発生し、実験的脊髄損傷していた発見した、と述べました
効果を確認するために、ラットの体。
本研究では、アプリケーション・セキュリティの再生医療分野におけるiPS細胞の改善に役立たせていただきます。

iPS細胞は、幹細胞からの処理変換係数の後に体細胞を誘導しており、その機能は、細胞の多くの種類に発展性の高い再生医療用途において予想される可能性を有することが胚幹細胞と類似しています。
例えば、iPS細胞は、神経幹細胞に分化することができ、その後、脊髄損傷の治療のために、神経細胞に分化します。
しかし、プロセスに過剰な細胞増殖になりやすい再生II-V.com移植におけるiPS細胞の使用は、癌に至ります。
医学の

慶應義塾大学教授、岡野らの慶應義塾翼らは、細胞分化と多様性へのNotchシグナルが密接に自己複製能力に関連して、見つかったので、彼らは、神経幹細胞を移植したiPS細胞からマウスでの脊髄損傷の前にある、の使用
呼び出さ&γ; – セクレターゼ阻害薬は、移植された細胞は、マウスは、脊髄神経回路の再構成助けNotchシグナル伝達は、癌の予防成功を阻害する、および修復及び運動機能の維持を達成します。

はまた、移植後処置したマウスの対照群ではこれらの薬剤なしで移植前に一度運動機能を回復し、再び減少、細胞の異常増殖を生じました。

研究者らは、神経幹細胞のこの発見は大きな意義の臨床応用由来iPS細胞の移植を達成するだけでなく、セキュリティを移植したiPS細胞から他の作るのを助けるためにと考えています。
関連研究成果は、米国専門誌Web版「セルレポート幹」に掲載されています。

Jp.kcchip.com