ADDRESS


EMAIL

PHONE

iPS細胞は、サルの効果を見る心臓病を治します

タグ:

台湾&ldquoによると

; CNA” 10 Cigar Store 5月11日は日本の信州大学の研究チームは、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を用いたことを報告し、世界のように、心筋梗塞のサル結果症状改善に苦しむ移植した心筋細胞を準備
最初。
NHKによると、准教授チャイ裕二によって報告

は、研究チームを率いて、彼らはサルに移植したiPS細胞作られた心筋細胞に成功し、サルの心臓発作の症状が改善したことを発表しました。

研究チームの数年以内に計画ヒト臨床試験を開始する、となるように前方にサルの治療計画に大きな一歩の成功を実験を行います。
その後、これらの細胞は5心筋梗塞に移植した心筋細胞に変化するiPS細胞の産生のための特別なパターンの免疫拒絶を引き起こす可能性は低い持つサルから

研究チームは、サルに苦しむ、サルは5至りませんでした
拒絶反応から、心臓の収縮性を改善するために、移植前と比較すると、血液は約8%の体積平均を輸送することができます。

しかし、心筋細胞を移植したサルは、一度不整脈が登場、研究チームは、副作用を最小限にする方法を見つけるための研究を継続していきます。

Jp.kcchip.com